【海岸の流木】富山県富山市四方西岩瀬 ホタルイカが身投げをする砂浜で 大量に打ち上げられた流木たち

【場所】 富山県富山市四方西岩瀬
【期待度】 ★★★☆☆
【交通】
【近隣施設】 西方面 ファミリーマートまで1km
【コメント】 これが何の明かりだか分かりますか?

工事現場ではありません、

ホタルイカを探してすくっているのです。

 

 

この地方では、3月から5月になると有名な「ホタルイカの身投げ」が見られます。

海岸近くで産卵を終えたホタルイカが、最後に青白い光を放ちながら波に身を任せて打ち上げられるのです。

この幻想的な光景は「風がなく比較的暖かい新月前後の夜中から夜明けにかけて」出現しやすいとされているようです。

自然の摂理とはいえ、儚げな光の群れが海岸の辺り一面を覆うなんて・・・胸に来るものがあると思いませんか?

打ち上げられてしまうと砂にまみれて食べるのが困難なため、海に少し入った所でホタルイカを掬うのが習わしとなっているようです。

 

ホタルイカって本当に小さくて手のひらにすっぽり入るサイズで、足の先の黒っぽくなっている所が3箇所発光するみたいです。美味しそ~

あっ、イカん(笑)すっかりイカの話ばかりになってしまった。

 

 

 

肝心な流木はと申しますれば・・・

やはり河口の先端部分ということになるでしょう。

神通川河口のこの辺りなんか、結構な量の流木が確認できます。

ここは三角地帯ということで、流木が最も溜まりやすいポイントと言えそうです。

(やけにシンプルなのは、イカのせいです)

 

海水浴場脇には駐車場、トイレが完備しています。
駐車場は「午後7時に閉鎖」との看板あり。

 

 

 

大漁だこりゃ。